話題のDHA・EPAについて

DHAとEPAは、共に青魚にたくさん含有されるオメガ3系の脂肪酸なのです。血液の流れを正常化したり、脳の働きをアップさせる効果があると発表されており、安全性の面でも折り紙付きの成分なのです。
医療機関などで頻繁に聞く機会のある「コレステロール」は、大人なら皆さん引っかかるワードのはずです。状況によっては、命が保証されなくなることも想定されますので注意するようにしてください。
コンドロイチンとグルコサミンは、どっちも生まれたときから体内部に存在している成分で、とりわけ関節を調子良く動かすためには絶対に必要となる成分だと言って間違いありません。
「便秘が酷いのでお肌が最悪状態!」と話している人をよく見ますが、こうした状態は悪玉菌が原因だと想定されます。ですから、悪玉菌の作用を抑制するビフィズス菌を身体に摂り込むようにすれば、肌荒れも少しずつ改善されること請け合いです。
案外家計に響くこともなく、それにもかかわらず健康に寄与すると至る所で話題にのぼるサプリメントは、男性・女性関係なく数多くの方にとりまして、強力な味方になりつつあると言えるのかもしれないですね。

コレステロール値が正常範囲をオーバーする原因が、偏に天ぷら系のものが大好きだからとお思いの方もおりますが、その考えですと50%のみ正しいと言えますね。
コエンザイムQ10には「還元型」と「酸化型」の2種類があって、人間の身体内で有益な作用をしてくれるのは「還元型」の方です。ですからサプリメントをセレクトする際は、その点をキチンと確かめるようにしてください。
血中コレステロール値が正常値をオーバーすると、思いがけない病気に見舞われてしまう可能性があります。そうは言っても、コレステロールが必須とされる脂質成分だということも本当のことなのです。
ビフィズス菌が腸内にある悪玉菌の数を減少させることで、体すべての免疫力をUPすることが期待でき、それ故に花粉症を典型としたアレルギーを和らげることも望むことが出来ます。
マルチビタミンだけじゃなく、他にサプリメントも摂取している場合は、全栄養素の含有量を精査して、際限なく利用しないようにしてください。

青魚は生状態でというよりも、調理して食べる人の方が多数派だと言えそうですが、残念ながら揚げたり焼いたりするとDHAやEPAが存在する脂肪が逃げ出す形となって、身体に補給できる量が僅かなものになってしまうのです。
グルコサミンは軟骨の再生に寄与し、老化をスピードダウンさせる作用をしますが、一方のコンドロイチンは、軟骨の保水力もしくは柔軟性をUPさせるのに寄与すると言われているのです。
マルチビタミンというものは、複数のビタミンを取り込んだサプリメントなのです。ビタミンというものは何種類かを、配分を考えて同時に摂取すると、より相乗効果が期待できるそうです。
生活習慣病というものは、痛みとか熱などの症状がほとんど出ることがなく、数年とか数十年という年月を掛けて僅かずつ悪くなりますので、医者に診てもらった時には「後の祭り!」ということが非常に多いのです。
中性脂肪が血液中で一定量を超えてしまうと、動脈硬化を誘引する一つの因子になるとされています。その為、中性脂肪の定期検査は動脈硬化関連の疾患を予防するためにも、忘れずに受けてほしいですね。

DHA・EPAおすすめサプリメント

健康維持のためにダイエットを調べてみた

ダイエットの基本は食事量を減らすこと?

ダイエットの基本とされている食事量を減らすということ。
老若男女を問わずに試したことのあるという人は少なくないでしょう。
このダイエット方法は果たして正しいのかというとある部分では正しいんです。

たとえば1日の摂取カロリーが極端に多い場合。
この場合はどうあってもまずは食事制限をしないとダイエットが始まりません。
人間には年齢や性別に応じた適したカロリーというものがあります。
もしもそのカロリーを1000kcalや2000kcalといった大幅な範囲で超えているのであれば食事量を減らす必要が出てきます。

一方で、食事量を減らすやり方ではストレスを抱えてしまう場合もあります。
ダイエット用の置き換え食材などではストレスがたまりやすく、リバウンドの原因になることもしばしばです。
また、置き換え食材は1日の栄養をすべて摂れるわけではありません。

そして一口に食事制限でのダイエットといえども、体質や場合によって状況は変わっていきます。
普段の食事の8-9割でも痩せていくことは可能との話もあります。
カロリー摂取はどれくらいが望ましいのか?
食事制限によるダイエットのみで痩せていくのか?
疑問はたくさんあることと思います。

ダイエットをするときに重要なのが代謝です。
特に基礎代謝量が高ければ体脂肪は減りやすくなります。
最近話題のメタボリックシンドロームも代謝を上げることで改善することが十分に可能といわれています。
ただ、代謝は年齢とともに下がってきますので年を重ねれば重ねるほど代謝を上げるための努力が必要です。

その努力がなかなか難しい、というう本音はありますよね。
運動を続ける体力も徐々になくなってきているし、やっぱりある程度好きなものも食べたいし…。
でも、体脂肪も減らしたい!
中にはダイエットの必要に迫られているという方もいるのではないでしょうか。
これ以上体脂肪が増えると体に影響が出てしまうと医師から宣告を受けている方もいるくらいです。
そんな方のためにも、無理なく続けられる代謝を上げる方法をお教えします。
代謝を改善することが出来れば体脂肪もぐっと減り、健康的になれます。
しかもこの方法なら本当にストレスなく、自分のペースで続けることが出来るのが特徴です。

痩せることがこんなに簡単だったの?
そんな風に思う可能性も大きいですよ。
一度代謝を上げるためのこちらのスムージーをためしてみてください。
マジカルスムージー

夜中に目が覚めて眠れなくなる

55歳男性です
もう3年ぐらい前から寝つきが悪く夜中にも何回も目が覚めてしまいます
朝すっきり目覚めることができず
いつも朝起きた時も疲労感を感じています
眠れなくて夜中に目が覚めてそんな時ってあんまり良いことを考えませんよね
なんかマイナスのことばっかり考えて気分も落ち込んでしまいそうです

ですから夜中に目が覚めてしまうのがなんとなく怖いです
まだ4時とか朝に近い時間だと良いんですけど これが1時とか2時とかだと
うわーこれから寝れるのかなと心配になってしまいます

できるだけ眠れる様にトイレオキシない様に水分を控えめにはしてます
そして疲れた方がよく眠れるだろうと思い夕方ウォーキングを1時間ほどしてます

でもそれでも目が覚める時には目が覚めるんですよね
なので近頃は睡眠導入剤を飲んでます
飲むのは1時とか2時とか早く目が覚めてしまった時なんですけど

でないと薬の効果が残ってしまい朝起きてからもぼーっとする様な気がします
車の運転もしなきゃいけないのでだいたい2時過ぎたら飲まない様にしてます

よく お酒を飲むと寝つきが良いとかって言いますけど
水分取りすぎるとどーしてもトイレに起きてしまいますし
マネットなんかで調べてみるとお酒を飲んだ後の眠りは質の良い眠りではないみたいですね

なのでもー酒を飲むのはやめています
テレビでグリナって言うサプリメントを紹介してたので試してみたこともあります
飲めば眠りを誘うのではなく眠りが深くなるそんな感じなので
アサプリもありかなと考えてます

昼間の仕事が通してもデスクワークが中心なのでもう少し体を動かして体が疲れたりすると
もっと眠れるのかなとも思っています
そうなるとウォーキングの時間を増やさなければいけないのですが
時間的な制約もありそれもなかなか難しいですね

お布団とかマットレスなんかの違いでも眠りの質は違いますね
今使ってるやつは割と固めのマットでもう1年ぐらい使ってますけど
へたりもなくて良いですね

安物のマットはへたりが早くて腰のあたりがへこんで
3ヶ月ぐらいで使えなくなってしまいました
今度は枕を変えて見ようかなと思ってます

それとサプリメントを調べてみてこれも使って見ようかなと考えてます
子供の頃は寝たらすぐ朝が来て何時間でも寝れる様なそんな感じでしたが
年を取ると睡眠時間って短くなるもんですかね
でも睡眠が足りないとやる気も出ないし疲れも取れないんでぐっすり眠れるように頑張って見ようと思います。

不眠症改善サプリ

PMSの症状がつらい 娘談

昔から生理不順の為(母や姉妹も)、時期が少し遅れることはそんなに気にはならなかったのですが、毎回のようにPMSで「そろそろか…」と感じていました。

やる気が起きず憂鬱になる、イライラしがちになる、というメンタル面の対処も大変でしたが、毎回のように脚が痛むのと、下半身のむくみに長い間悩まされています。

まず、脚の痛みについてですが、部分的にはすねの部分(主に外側)で、筋がつっぱるように痛みます。姉妹や友人に話しても、その部分が痛むということはないようです。

ネットで調べる限り、PMSと関連する記事はまだ見たことがないのですが、PMSの症状は人それぞれと言いますよね。

座っている時はまだ良いのですが、立ち仕事をしていたのですが、立ち仕事となると痛みが強く、拳でゴンゴン叩いてどうにかしのいでいました。血流が悪くなっているのかな?と個人的には思っていましたが、生理が始まる頃にはぴたりと止むので不思議なものです。

また、下腹部のむくみもすごかったです。ウエストはボテッと、脚も一回り太くなり、体重は1?2㎏増加。その時期に人と会うのは憂鬱でした。それに加えて、地味な痛みが続きます。温めると少しましになる気がしたので、秋冬にはカイロを下腹部と腰に貼っていました。足のむくみで、靴が入らない日もあったほどでしたが、温めるとそれも改善されてきたように思います。

毎回思うのですが、PMSと気づくまでは「どこか悪いのではないか?」と思うほど体調がすぐれません。しかし、PMSと気付くと「なんだまたか…辛いがそのうちどうにかなる」という捉え方に変わります。

その時はうまく付き合っていかなくてはと思いながらも、メンタル面がやられている時はそうはいきません。月経前症候群は、女性にとっては永遠の課題ですね。

近頃は、症状の軽減にサプリメントが使われているようです。
薬じゃなく食品なのでこちらを先に試してみようかなと思ってます。

こちらのサイトが詳しかったのでご紹介

PMSの改善に市販のサプリメントを使ってみよう